タイプと費用

葬儀費用のタイプ別相場

葬儀は規模や祭壇のランクなどによって費用が違ってきます。基本的に必要になるのが葬儀会社に支払う葬儀費用です。 葬儀費用はいくつかのタイプごとに分けられています。一般会葬者も参列して行われるオーソドックスな仏式葬儀の「一般葬」は約100万円が相場費用です。家族や友人たちだけで行うアットホームな「家族葬」は60万円前後で行うことができます。通夜から告別式まで一日で行う「一日葬」は50万円位が相場です。火葬のみのシンプルな「直葬」は20万円位で行うことができます。 それぞれの費用には祭壇や棺、ドライアイス、スタッフ費用、火葬場使用料などが含まれています。これに加えて接待費や寺院関係者へ支払うお布施代も必要です。

それぞれの宗教の特徴

葬儀の特徴は宗教の違いによって現れます。仏式葬儀は仏教伝来以来日本で行われてきたものです。流れとしては通夜のあとに葬儀・告別式があります。僧侶による読経と遺族や参列者全員によるお焼香があるのが特徴です。 神式のお葬式(神葬祭)は玉串奉奠という特別な儀式があります。仏教でいうお焼香の代わりとなる儀式で榊の枝を祭壇に捧げて死者を弔うものです。 キリスト教式の葬儀はプロテスタントかカトリックのどちらかで行われる葬儀です。プロテスタントは牧師で通夜にあたる儀式を「前夜式」と言います。カトリックは神父で通夜にあたる儀式を「通夜の祈り」と言います。どちらも祭壇に白い菊の花やカーネーションをささげるのが一般的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright© 2015 遺品整理をして故人の思い出を大切にしよう|思いも遺品も大切にAll Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com