費用の変化

遺品整理の費用相場について

遺品整理を業者に依頼する場合、最も気になるのがその費用でしょう。遺品整理の費用は、遺品の量や住宅のタイプ・間取りなどによって決まります。遺品の量が多いほど、作業員も必要となりますし、運搬費用もかかります。同様に、広い住居ほど作業員も必要ですし、集合住宅の場合は住居の階数やエレベータの有無によっても作業は異なります。引っ越しの料金設定と同じように考えると比較的わかりやすいでしょう。 最近では非常に多くの遺品整理業者があることもあって、費用も様々です。平均してみると、2名による作業費用で30000円程度、1DKタイプの住居で遺品の運搬費用が60000円程度と言われています。こうした費用設定は、作業員数やトラックの大きさで設定しているところもあれば、遺品整理費用として全体的な額を提示するところなど業者によって異なります。

業者によって異なる特徴

遺品整理を請け負う業者は実に多いのですが、大きく分けると専業と兼業の二種類の業者があります。専業とは、遺品整理のみを行う業者で、よりきめ細かい専門的な対応が特徴的です。遺品整理士の有資格者を抱えることも多く、単に住宅の整理というだけでなく遺品の取扱いや遺族への配慮などが徹底しています。 一方で、近年では不用品回収業者やリサイクルショップを運営する企業が遺品整理業界に参入しているという例も少なくありません。そうした業者がいわゆる兼業業者です。すでに遺族のみで思い出の品の引き取りが済んでいる場合や処分品が多い場合などのほか、不要となった品々の買取りを依頼したい場合に大きなメリットがあります。買取そのものも古物商の許可が必要ですし、目利きの面でも安心してまかせることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright© 2015 遺品整理をして故人の思い出を大切にしよう|思いも遺品も大切にAll Rights Reserved.
Design by http://f-tpl.com